定期的なスケール除去で安心安全

水に含まれるカルシウムやマグネシウム、シリカなどの無機塩類化合物が水道管などの設備に付着したものをスケールと言います。
スケールはとても硬いため、水に溶けにくく、固着してしまうと除去することがたいへん困難になります。


放っておくと、スケールは重なりながら固着し続けるため、水道管などの設備の流れが悪くなり、詰まりや逆流を引き起こし兼ねません。


水道が詰まりやすくなったと感じたら、スケール除去を早めに実行すると良いでしょう。
スケール除去には、ph調整剤や脱酸素剤が使用されまうが、脱酸素剤は健康被害を引き起こす可能性があるため、使用には十分に注意が必要となります。


スケール除去によって、水道が詰まりにくくなったり、蛇口などにスケールが付着しなくなったりします。

しかしスケール除去後も、同じ水質のままだとまた同じことの繰り返しになります。



そのため、根本的な水質の改善が必要になってくるでしょう。

台所などでは家庭用浄水器などを上手く活用することで、少しでも改善することができるのではないでしょうか。



取り付けが簡単な、蛇口に付けるタイプの物から、シンクの上に設置できる据え置き型や流しの下に設置できるアンダーシンク型など、さまざまなタイプの浄水器が発売されています。



自分の家に合った価格やタイプのものを選んで、設置してみてはいかがでしょうか。
スケール対策のみならず、健康に関してもメリットが大きいのではないでしょうか。