いま注目される排熱利用

工場などで使用される設備によって発生する熱はいままでそのままにされてきました。
その熱は周辺の温度を上げてしまうような悪影響があります。


排熱利用は周辺への熱の影響を減らして、有効に活用することです。

具体的には、発生する熱を利用して水を温めたり、発電をすることです。

このような排熱利用をコージェネレーションと言います。

いままで何の役にも立っていなかった熱が有効活用することからコストも削減できて、省エネルギーにもつながります。電力不足が騒がれるようになってからこのような排熱利用を経済産業省も推進するようになりました。そのためいろいろな排熱利用の設備が開発されました。
設備から出される熱をヒートポンプによって冷却に使ったり、施設の暖房に使ったりしています。
最近では設備自体が排熱を有効利用し外へ出さない一体型の技術も多く発表されています。



排熱はその温度によって高温と中低温に分かれます。工場などから排出される熱は高温として発電などに使われます。
中低温は家庭などの給湯器や空調などでそのまま排出されていたものを利用するものです。
例えば、給湯器の排熱を利用してガスによる加熱前の水を温めておくことで短時間で設定温度まで達するようにする技術なども活用されています。



これらの技術は同じく熱を発する車にも活用され始めています。



排ガスとして出される排熱をエアコンなどに活用することやエンジンから出される排熱で発電をしてハイブリッドタイプの動力源として利用するような方法です。