Skip to content

コピー機のリースとレンタル

現代のオフィス環境ではコピー機が仕事を能率的に行うためのキーとなっています。デジタルエクスチェンジの傾向が高まり、紙の文書がデジタルの文書へと置き換わっている時代であるとはいっても、やはり対外的なあいさつ文や領収証・請求書などの経理書類をはじめとして、オフィスから発生する紙文書は膨大な数にのぼります。このような文書を必要に応じて作成するのであれば、やはりコピー機を使う方法がもっとも手っ取り早い方法といえるでしょう。ここでネックなのはコピー機の金額が高価なことであり、最近のコピー機は特に性能がよいのでその分だけ昔よりも価格がアップしています。

そこで安価にコピー機を使用できる手段として、リースやレンタルが知られています。リース方式はリース会社が依頼先の希望に応じて製品をメーカーから調達し、これを毎月の料金を支払って依頼主に使わせる契約となります。いっぽうのレンタルはレンタル会社の在庫をそのまま依頼主に貸し出して日数に応じた料金を徴収するものです。もしも数年以上の長期にわたって使用するのであれば、リースのほうが圧倒的に安価になるため、この方法を選択するのがふつうです。

逆に数日や数週間程度のごくわずかな期間しか利用しなかったり、あるいはリースではつきものの審査を避けたい場合には、レンタルのほうでまかなうことになります。もちろん数か月単位で使用することも可能ですが、その場合はコストが高くなります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です