Skip to content

コピー機のリース期間

コピー機のリース期間ですが、一般的には3年から7年くらいの範囲に設定されていることが多いようです。そして、その中でも5年が主流となっています。コピー機のリース期間は最初の契約時に設定されるもので、期間途中での解約は原則としてできませんから、先を見越してしっかりとした検討が必要です。5年契約で、3年経過した時点でもうそのコピー機は使わなくなってしまったからリース契約を解除したいと申し出ても対応してはもらえません。

どうしても解約したい場合は、残りの2年間の料金を支払う必要があるのです。これは要するに、置き場所などの問題を別にすれば、途中で解約しても期間満了まで借りたままにしていても、金銭的には何も変わらないということを意味します。期間5年が主流となっているのは、法定耐用年数が5年となっているためです。ただし法定耐用年数で契約を結ぶことが必須とされているわけではないので、それ以外の年数での契約も存在しています。

基本的には、期間が短ければ短いほど月あたりの料金は高くなり、逆に期間が長いほど月あたりの料金は安くなります。ランニングコストを安くして利用したいのであれば期間を長くすれば良いわけですが、それだけ将来の不確定要素が増えることになりますし、法定耐用年数が5年とされていることからも分かるように、それくらいの年月が経過すると故障も多くなったり、機能的にも物足りなく感じることも多くなるかもしれません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です