Skip to content

リースコピー機のカウンター料金抑制対策で白黒設定に

日常の業務に必要不可欠なコピー機は、リース契約をするにしても、できるだけ経費への負担を抑制したいと考えます。導入をすれば大変快適の利用できるリースコピー機だからこそ、カウンター料金などをセーブする手段を試みることです。各自パソコンを使用する企業の従業員ですが、パソコンからの印刷をする際に、設定をカラーではなく白黒にしておくこともできます。印刷する際に設定まで気が回らず、意図せず白黒ではないカラー印刷をかけてしまう事はよくある話です。

しかしカラー印刷をすればするほどカウンター料金は高くなるため、料金を抑えるためにもパソコンはそれぞれ設定を白黒にしておきます。通常は白黒印刷をして、必要な時だけカラー印刷をする事で、料金を高くすることにはなりません。無駄のないリースコピー機の稼働となるように、印刷前にプレビュー画面を確認することもできます。かなり昔の旧式なタイプではない限り、最新のOA機器であればプレビューの確認を、操作パネルで行ったうえでの印刷をする事が可能です。

自動的に届いた迷惑なFAXを印刷してしまえば、それだけ無駄なカウンター料金が発生をしてしまいます。不必要な書類は印刷することのないように、確認後に印刷をするのは無駄を出さないためにも良い対策です。リースするコピー機のランニングコストとして、カウンター料金は必ず発生をします。1枚当たりの金額とカウントされた数字を、掛け算して出たカウンター料金を支払うシステムです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です