Skip to content

コピー機リースの注意点

コピー機リースに際して注意すべきことはもちろん費用などいろいろありますが、最もトラブルになりやすいというか、実際にそのコピー機をリースで利用し始めてから、想定していたことと違っていて困ったという状況が発生しやすいのが保守やメンテナンスです。コピー機を使う人は基本的には機器に関しては素人であり、無くなった用紙を機器に入れるといった程度であればともかく、それ以上のことは避けたいと考えるのが普通でしょう。紙詰まりの除去といったことであってもなかなか大変と考える人は多いですし、当然ながら急ぎの仕事でコピーを取ったり、プリントアウトしている最中にそんなことが起こったりするとイライラしてしまいます。リースの際に、単に借りるための契約だけでなく保守管理の契約も含めて結ぶことでこのような問題の大半を一挙に解決できます。

トラブルが発生したときの出張修理などはもちろんのこと、日常的な点検やトナーなど消耗品の補充もサービスマンが行ってくれるためで、利用者がすべきことは本当に無くなった用紙を給紙ケースにセットするだけだったりします。もちろんこのような契約には追加の費用がかかりますし、用紙やトナーなどの消耗品に関しては実際に使った分だけ費用が上乗せされるようになっていることが普通です。ですが、安心してコピー機を利用でき、本来の業務と関係のないところで時間を取られたりしてイライラすることが無いという意味では大きいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です