Skip to content

リース契約のコピー機が納品になるまでの手順

企業でコピー機をリース契約するなら、代理店を利用することでサポート体制も万全です。最も安心できるのは、メーカにより認められている代理店であり、不調時の修理にも導入後のメンテナンスにも、スピーディーに対応をしてくれます。加えてメーカー認定の代理店が優れているのは、高い技術面も落ち合わせているためです。使い続けることで故障をする事があったとしても、知識と技術に優れていることで、手厚いサポートを受けることができます。

コピー機のリース会社選びではサービスが良いことも条件に含めること、必要に応じて消耗品のサプライをしてくれるなど、必須となる消耗品のことまで考えての選択です。代理店を選定することができれば、仕事を始めるにあたり余裕を持って導入をします。事業開始までに間に合わせるように、早めに契約をしておくべきなのは、契約前には審査があるためです。審査を通過してはじめて契約をすることができるので、一定期間の余裕は必要になります。

オフィスでリース契約のコピー機を導入するまでの手順としては、問い合わせをしてまずは見積もりをいくつかの会社に出してもらったうえでのコンサルティングです。その上で社内でどこと契約をするか、機種の選定などを検討します。申し込みをする事になりますが、ここで必要になるのが与信審査です。無事に通過をすると契約成立になりますので、希望日時をお互いに照らし合わせたうえで、オフィスへの機器の納品となります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です