Skip to content

コピー機のリースのメリット

コピー機をリースして使うメリットはいくつかあります。税金面のものが多いかもしれませんが、月々の利用料金はもちろん必要経費に算入することが可能です。リースである以上、そのコピー機は自社の持ち物ではありませんから、会社の資産として勘定されることもありません。なお、仮に購入したとしても、その購入代金が必要経費となることは間違いありませんが、一度にまとめて必要経費として算入することは難しいこともあり、それよりは毎月の利用料として長期間にわたって経費にできるほうがありがたいはずです。

購入する際と比較すると、初期費用が圧倒的に安くて済むことも見逃せません。大企業で資金が潤沢にあるような場合は直接的には当てはまらないかもしれませんが、ベンチャー企業の立ち上げのようなケースではこれが顕著に生じてくるはずです。立ち上げ時のいくらでも運転資金が欲しいようなときに、コピー機のように確かに仕事上必要ではあるけれどもそれが直接的に利益を生み出したり、事業拡大に寄与するとは言い難いものにお金をかけるのではなく、本来の事業運営のためにお金を回すことができる意味合いがあります。リースの場合、契約期間満了後にはまたその時点の最新機種が利用できる点もメリットになるはずです。

このようなオフィス機器の場合、数年も経過すると性能性にかなり遅れたものになることが多く、仕事の上でも最新の機種でないと非効率を生じることがあるためです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です