Skip to content

コピー機のリースの注意点

コピー機リースの注意点ですが、そもそもリースというのは基本的に法人しか利用できません。個人的にコピー機を利用したい場合には適用できず、その場合は購入するかレンタルするかの選択肢しかないということになります。また、広い意味で契約した上で借りて利用するわけですから、契約期間中その利用料を払い続けられそうかという点での審査があります。もちろん企業の運転資金を金融機関から借りるほどの厳しさではありませんが、財務体質に問題があるような場合に審査落ちする可能性はゼロではないということです。

コピー機のリースでは新品を使えるのが大きなメリットではありますが、これは場合によってはデメリットと感じる人もいるかもしれません。レンタルと比較すると良いのですが、レンタルの場合は基本的には他の人も利用している中古品を借りることになり、新品が使えることはないのですが、リースの場合はこれが全くの逆になります。必ず新品を使うことになりますので、例えば少しでも利用料金を抑えたいという意図で、多少の型落ちであれば性能的にも問題ないからそれで良いというような申し出をしても受け付けてはもらえません。また、これもレンタルとの違いですが、リースの場合は予め契約期間が決められており、中途解約は原則としてできないことにも注意が必要です。

事業の見通しがある程度分かっていないと、契約途中で不要になったような場合には大きな足かせになることも考えられます。コピー機のリースのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です